顔たるみ、ほうれい線対策体験談

顔たるみ、ほうれい線対策として年代別に体験談を紹介します。

顔のたるみ、ほうれい線にフェイシャルフィットネスパオで対策体験談

フェイシャルフィットネスパオと言えば、知らない人がいないほど、テレビの通販番組でも何回か見かけたことがあるのではないでしょうか。確かに、見ていると、顔のたるみ、ほうれい線に効きそうな感じはありますね。

 


通販好きの30代の女性の方が、周りから止められたにも関わらず、フェイシャルフィットネスパオを購入してしまって、顔のたるみ、ほうれい線対策をやっているというお話をアンケートを通して伺うことができました、今回は、その女性の方の紹介です。

 


やはり、顔のたるみ、ほうれい線は、年令を重ねる程大きくなる女性の悩みの一つですよね。気が付いた時に、何らかの対策を早めにすることで、歳のとり方が変わってくるのかもしれません。そんなことを感じた方のお話しです。

 


顔のたるみ、ほうれい線で悩み、何か対策をあれこれ考えている方のお役に立てればうれしいです。

 

  f:id:maemukiworld:20170504200238j:plain

 

顔のたるみ、ほうれい線に利用したいパオフェイシャルフィットネスとは

 

パオフェイシャルフィットネスとは、顔の表情筋を鍛えてリフトアップ効果が期待できるというものです。MTGが「表情筋を鍛える」と言う観点から大学や美容機関と研究を重ね、開発し、誕生したものです。

 


MTGは、化粧品やマッサージなど「外側からのアプローチ」だけでなく、肌の土台となっている筋肉のたるみを解消するは、トレーニングが重要と考えました。口元の筋肉を鍛える「内側からケア」で、老化のサインが出やすいほうれい線、フェイスライン、口角に集中的にアプローチできるのがフェイシャルフィットネスパオと言うことです。

 


特に、この筋肉で着目すべき筋肉というのが以下の筋肉のようで、フェイシャルフィットネスパオを続けて利用することで、以下の筋肉が鍛えられるようです。

 

  f:id:maemukiworld:20170504194504j:plain

  出典:http://www.mtg.gr.jp/products/wellness/product/pao/pao/

 

▼小頬骨筋:頬を吊り上げるサスペンダー筋。


▼大頬骨筋:口元を引き上げるクレーン筋


▼頬筋:頬を引き締めるスッキリ筋


▼笑筋:魅力的な笑顔を作るスマイル筋


▼口輪筋:口周りの中心にあるセンター筋

 

tarumi-houreisen.hatenablog.com


フェイシャルフィットネスパオには、独自の運動理論があり、それに基づいて誕生しているようです。


◆独自の運動理論


▼共振運動:スィング運動により、小さな力で大きな負荷を得られる


▼左右均等:左右対称のバーにより左右均等の運動を実現できる

 

 

顔のたるみ、ほうれい線にフェイシャルフィットネスパオ体験談

 

顔のたるみ、ほうれい線に気付き始めたきっかけ

 

私が、顔のたるみを気にし始めたのは、29歳の頃です。もうすぐ30歳になるという心境から生活全般を整えようとしている意識が高まっていました。29歳からは、美容にも気をつけなければと思い始めたところ、鏡に映った自分の頬が以前よりもたるんでいるのに気がつきました。

 


20代前半の頃の写真と比べると、昔は、今よりも太っていたのもあるのかもしれませんが、ふっくらとツヤのある頬だったのに、今では重力によって下の方へ膨らみが下がっているのです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線の悩みを解消するための対策

 

顔のたるみには、日頃、生活をしている際にあまり使わない筋肉を鍛えることでたるみを予防することができると聞いたことがあります。私は、とにかく頬の筋肉を鍛えなければと思いました。そう、思っていたところへ、テレビの通販番組で、フェイシャルフィットネスパオの宣伝をしていました。

 


家族は、「続かない」と反対する中、購入を決めてしまいました。私は、通販好きで、あらゆる通販を購入したことがありましたが、どれも長続きせず、家族もあきれていたところだったのです。

 

 

反対されながらも購入してしまったので、絶対、ほうれい線だけはなくしたいという気持ちで、フェイシャルフィットネスパオが届いた瞬間からやる気に満ちていました。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線にフェイシャルフィットネスパオを取り入れようと思ったきっかけ

 

フェイシャルフィットネスパオは、一緒に働いている40代の女性が購入してやってみたという話を聞いていました。最初、自分の口の周りの筋肉がないことを思い知らされ、かなり苦労したけれど、2週間くらいで、かなり口の周りの筋肉が変わってきたという話を聞きました。

 


その女性の話を聞きながらフェイシャルフィットネスパオは、大変なんだなと思っていたのですが、その女性のフェイスラインや頬のあたりがとても引きしまってきたのをみて、スゴイ効果はある物なんだと感じていました。

 


まさか、自分も顔のたるみで悩むとは思っていなかったですが、自分もたるんできたことを自覚した時は、やっぱりフェイシャルフィットネスパオしかないかなと思いました。そう、考えている時に、通販番組を観てしまったので、勢いで購入してしまった感じです。

 

 f:id:maemukiworld:20170327025729j:plain

 

顔のたるみ、ほうれい線に利用したフェイシャルフィットネスパオの効果と継続期間

 

同じ職場の人から最初は、かなり大変と聞いていたので、少し、覚悟はしていましたが、本当に大変でした。私は、職場の女性より少し年齢的にも若いし、おそらく筋肉もそれほど衰えていないと勝手に思っていました。

 


しかし、口の周りの筋肉がこれほどないとは・・・と思うくらい大変でした。なんと言っても、フェイシャルフィットネスパオを銜え続けることが大変なのです。しかも、まともに銜えられないのですから、揺らして振動させることもなかなかうまくできません。

 


しかし、家族の反対を無視して購入してしまったこともあり、あきらめることもできず、一人、フェイシャルフィットネスパオと格闘しました。本当は、1日2回30秒づつやることが良いようなのですが、私には、1日2回やるほどの体力がなく、1日1回、30秒だけ頑張りました。

 


でも、1日1回だけでも1ヶ月半ほど続けるとだいぶフェイスラインが変わってきて、嬉しくなりました。顎のあたりもスッキリしてきて、頑張って良かったと思うようになったのです。3ヶ月程続けたころには、ほうれい線も薄くなり、とてもうれしくなりました。

 


しかし、ほうれい線もあまり気にならなくなり、フェイスラインの悩みが消えるとだんだん使わなくなってしまったのです。使わない日が続くとまた、顔がたるんでくるのがわかります。今は、3か月続けて、3ヶ月休んでまた始めてという感じです。

 


でも、そうやって顔のたるみやほうれい線と上手く付き合っていくことが、フェイシャルフィットネスパオの使い方なのかなと勝手に思っています。恐らく、他の方は、常に習慣化して、続けているかもしれませんが、自分に合った使い方は、集中して使って、また休んでというのが自分に合っているようです。

 

 

顔のたるみ、ほうれい線に今後取り入れたい対策

 

私は、普段、仕事をしていますし、お金もそんなに使えないので、サプリや日々の食事の中で、できるだけ顔のたるみやほうれい線を予防していきたいです。本当は、エステへ行ったり、高級美容液などで対策をしたいですが、予算的にフェイシャルフィットネスパオが精一杯です。

 


美容液もエステも継続して出費がかかってくることを考えるとフェイシャルフィットネスパオは、1回の購入で、ずっと顔のたるみもほうれい線の対策もできるので、かなりお得だと考えています。その為、日常の化粧品は、ドラッグストアの安い化粧品を使っています。

 


もう少し、経済的に余裕ができたら、ブランドものの化粧品を利用してみたいです。また、もっと高齢になって、自分で顔のたるみもほうれい線もケアできないくらいになったら、プラセンタ注射やヒアルロン酸注射も良いかなと思っています。

 


同じ職場の50代の女性の方は、ヒアルロン酸注射をやっていて、いつもきれいにしている方なので、私も、きれいな年のとり方をしたいなと思います。

 

kaotarumi-taisaku.hatenablog.com